HOME > 当院の概要 > 診療方針
HOME | 戻る | 次へ | 受診案内

診療方針

理念

慢性腎不全医療を通じて
患者家族ならびに病院職員の
幸福の増進に永続的に貢献する

これが医療法人三祥会幸町記念病院の理念です。
これは法人名の由来であると同時に、幸町記念病院という組織の存在意義そのものであり、病院経営の目的です。

基本方針

この理念を実現するため下記の5項目の基本方針を掲げます。
この基本方針に照らして何をすべきか、また何ができるのかを考えてそれを実行するとともに、何ができたのかを省みつつ職務を遂行することが、当法人の職員であることの基本的な必要条件です。
1. 最善最適の医療サービスを自ら進んで提供する
直接的な医療行為や療養環境はもちろん、患者さんやご家族のあらゆるコミュニケーションがすべて医療サービスそのものであることを自覚し、患者さんやご家族の笑顔を自らの喜びとして職務にあたります。
2. 患者の生活の質的向上をはかる
個々の疾患に目を向けるばかりでなく、患者さんの日常生活の一部としての腎不全治療を行います。ご家族とともに患者さんが自ら病気に立ち向かう意欲を引き出しこれを高めるように見守り支援します。
3. チーム医療と医療連携に徹する
各職種が専門性を発揮してそれぞれの職責を果たすとともに、相互の理解と協働によって職員全体の一体感が患者さんにも感じられる病院であることを目指します。他の医療機関とも機能分担を明確にして緊密に連携します。
4. 医療の安全と効率を確保する
治療に伴う患者さんの不利益を最小限にすると同時に、業務のため自らの健康を損なうことのないように、常に安全に対して配慮します。また、限られた医療資源の効率的な運用に努めます。
5. 医学知識、技術の向上と人間的成長に努める
医学知識の蓄積と技術の進歩を学びつつ伝え広めるとともに、患者さんと全人的にかかわる医療を目指して、常に人間的成長と上達のこころざしを持って職務に臨みます。

行動規範

笑顔、挨拶、思いやり、の3点を行動規範とします。
職員はこれを日ごろの心がけとして、患者さんやそのご家族に対してはもとより、職員や業者の方々など院内で接するすべての人に対して、日々実践するように努めなければなりません。

院長挨拶

 当院は開院以来一貫して慢性腎不全の治療に取り組み、保存期腎不全管理から血液透析、CAPD治療ならびに腎移植後管理にいたるまで、慢性腎不全治療の専門病院として常に患者さんにとって最善かつ最適の医療を追及してまいりました。これも患者の皆様のご支持と近隣医療機関の諸先生のご支援ご指導の賜物であると、深く感謝申し上げます。

 かつて高度先進医療であった血液透析は、患者さんの総数が平成26年末で32万人におよび、いまや慢性腎不全の標準治療となった感があります。高齢化や糖尿病の増加によりこの増加傾向はなお続いてゆくものと予想されており、腎不全の予防と進行防止が緊急の課題となっております。

透析患者の増加を食い止めるためには、腎臓病の早期治療が不可欠です。この目的のために慢性腎臓病(CKD:chronic kidney disease)の概念が提唱され、かかりつけ医と腎臓専門医の連携が強く叫ばれております。私ども透析専門病院も代替医療が必要となる前の慢性腎不全末期(CKDステージW)の段階からその連携に加えていただき、かかりつけ医の先生との共診で、透析導入の遅延に少しでも貢献できればと考えております。

 一方で、透析治療そのものについても、透析導入時平均年齢が67歳を超えるという高齢化や原疾患としての糖尿病の激増によって、数々の合併症が増加しています。心血管系、脳血管系、整形外科系など重篤な合併症は近隣の専門医療機関のご支援をいただくとともに、入院治療に即応できる体制を維持してまいります。また、介護を必要とする透析患者さんについても、介護支援施設との連携により可能な限り家庭復帰を図りたいと考えています。引き続き地域医療の中で透析専門病院として他の医療機関との機能的連携を強化してゆきたいと存じます。

 慢性腎不全治療は典型的な慢性治療であり高齢者医療です。と同時に自己管理が治療効果の大半を左右する治療であるといっても過言ではありません。患者さんの疾患に対するご理解の程度も様々な中でご家族のご協力をいただきながら、患者さんとともに慢性腎不全という病気に向き合ってゆくためには、日頃の緊密なコミュニケーションが必要です。医師、看護師、看護助手はもとより、臨床工学技士、薬剤師、臨床検査技師、栄養士、事務職員に至るまで、患者さんやご家族との会話そのものが治療の一環であるという意識を持ち、一体感を持って診療に当たりたいと存じます。

今後ともこのホームページを通じて私ども幸町記念病院をご理解いただくとともに、なにとぞよろしくご指導ご高配のほどお願い申し上げます。