HOME > アクセス外来
HOME | 戻る | 次へ | 受診案内

アクセス外来

● バスキュラーアクセス外来 担当医 外科 松田浩明

血液透析患者さんのバスキュラーアクセス(Vascular Access :VA)とは人工腎臓を介して血液浄化を行うために血液を脱血、返血する窓口のことです。代表的なものから@内シャント(シャントとは動脈と静脈の短絡という意味):自己血管内シャント(Arteriovenous fistula:AVF)、人工血管内シャント(Arteriovenous graft :AVG)、A動脈表在化、B透析用カテーテル等が挙げられます。患者さんにとってVAは血液透析を行う上で必須のものでありライフラインともいえます。
いわゆる「良い内シャント」とはどのような内シャントでしょうか。「@適切に穿刺しやすい:シャント血管の走行が深くない、血管が太くて(細くない)穿刺できる範囲が長い、Aシャント血流量が適量である:脱血量が必要十分、シャント血流量が過剰すぎない、B静脈圧(返血圧)が高くない」ことが「良い内シャント」の条件といえます。ただ動脈と静脈を吻合して流れているだけでは「良いシャント」とは言えません。 当院外科では新規内シャント作製予定患者さんや、内シャントの調子の良くない患者さんに対するバスキュラーアクセス外来を開いています。内シャント作製の困難な患者さんに対する診察と内シャント作製、また、内シャントトラブルに対しては、最も多い内シャント狭窄、閉塞に対するPTA、外科的治療、さらに感染、瘤、血清腫、過剰血流、静脈高血圧等に対する診察、治療も行います。さらには治療時の患者さんの痛みに対しては、治療によっては神経ブロックを使用してできるだけ痛みのない治療を心がけております。

● ご相談、お困りの場合まずは電話または下記メールアドレスてご予約、ご相談ください。
※受診案内 e-mail:h-matsuda@saiwaichokinen.com

1、バスキュラーアクセス外来の診察の特徴

2、バスキュラーアクセスの作製、アクセストラブルに対する診断と治療

当院で完結できる安全で、確実、苦痛の少ない治療、手術を目指しています。

● 内シャント作製(自己血管、人工血管内シャント)  C

患者さんの医学的、社会的状況を考慮して、より適した内シャント作製を行います。

● 内シャントトラブルに対する治療   D

@ 血管内治療(経皮的シャント拡張術:シャントPTA)
A 外科的治療(手術:内シャント作製術、修復術、再建術、血栓除去術)
B 上記の混合治療(外科的血栓除去+シャントPTA)

● 麻酔   E

@ 局所麻酔:通常の自己血管内シャント作製術やシャントPTAで使用します。
A 神経ブロック:人工血管内シャント手術、切開の大きな手術、痛みを感じやすい患者さんに対して使用して、十分な鎮痛効果を得ています。

3、内シャントの開存率

● AV累積開存率   F

自己血管内シャントの2次開存率(修復をしながらシャントが開存している割合)は1年81.3%、3年69.2%、5年59.8%、10年42.5%、人工血管内シャントでは1年85.3%、3年68.4%、5年63.8%、10年43.5%、大腿人工血管内シャントに限れば1年80.9%、3年64.7%、5年55.5%、46.2%です。バスキュラーアクセスガイドライン(2011年版)の目標基準を上回る成績です。